賃貸物件においては、ごみ分別に注意をします。その地区ごとのルールと、物件毎のルールに合わせます。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

賃貸を利用するときに注意すべきゴミの取り扱い

賃貸を利用するときに気をつけるごみ分別

東京においては、各区において収集作業が行われています。基本的には各区で指定している袋が用意されているので、それに入れて出すようにします。最近では、色つきの袋出だすのは禁止されているところがあります。黒いものだとそのまま持っていかれないこともあるので注意しなければいけません。各区の指定はありますが、必ずしもその区のものを利用しなければいけないわけではありません。多くの場合は、半透明のゴミ袋になっていて、それに区名などが書かれているだけです。板橋区の袋を千代田区で使っても問題はないと思われます。以前住んでいたところの袋を使わなければもったいないです。指定の袋を用意しているところは、全国的にも広がっています。

引っ越しをして賃貸物件に住むときには、ゴミの出し方に注意をする必要があります。東京都内であれば同じように出せば良いと思ってしまいますが、そうではありません。区によって異なります。他の地域では市や町で違う事がありますが、東京は区で区別されます。入居のときに出し方について教えられれたり、リーフレットを渡されることもあるのでよく読んでおきます。ごみ分別で難しいものとしては、例外がある場合です。通常はこのように分別するけども、ある条件のものは普通ごみにしてくださいと言われることがあります。プラスチックケースはプラスチックとして出すのが一般的ですが、油が入っていたものに関してはリサイクルできないので、普通ごみになることがあります。

各地区での決まりが前提ですが、その他に物件毎にもルールが定められています。最も緩いのはいつ出しても良いとするところです。敷地内に決まったところがある場合にこの様にしているところがあります。敷地外に出す場合においては、その地区のルールで行うことがあります。いつでも出していると注意されてしまうでしょう。ゴミについて誰が管理をするかも確認が必要です。管理人さんが行ってくれるのか、当番制などがあるかです。

Copyright (C)2014賃貸を利用するときに注意すべきゴミの取り扱い.All rights reserved.